良縁を見つけよう

花-16 日記

こんにちは。わたしは十代の頃、「みんなと仲良くしないといけない」と、思っていました。裏を返せば「人から嫌われてはいけない」と、思っていたという事です。

でも、当然と言えば当然なのですが、全ての人と相思相愛って、難しいですよね。どうすればいいのかと、長らく悩んでいました。それが、遅ればせながら社会人になって、しばらくしてから気付きました。

全ての人と仲良くする必要はない

どんなに気を遣っても、相手のことを考えて行動してみても、上手くいかないときは上手くいきませんよね。仕事上では、お互いに助け合えるように、声を掛けてもらいやすいような心がけをしていました。ですが、合わない人と、必要以上に仲良くする必要はないと、思ったのです。ただ、仕事上で、この親しみやすい心がけをしていたことが、また自分を追い詰めたこともあるのですが、それはまたの機会に書きますね。

人間関係は複雑で、時には自分にとって、有益な関係を見極めることが必要です。

お釈迦様が言われたように、良縁と悪縁が存在し、わたし達の幸福に大きな影響を与えます。悪縁は精神的な健康を害し、成長を妨げる可能性があるので、これらの関係から、一刻も早く距離を置くことは、賢明な選択といえます。

人は環境に影響されやすい生き物です。周囲の人々の行動や考え方が、自分にも影響を及ぼすことがあります。例えば、「それって非常識だわ」と思っていることを、たびたび目にしたらどうでしょうか。「え、それって普通なの?」と、思うようになりませんか。

そのため、自分にとって、プラスになる人々との関係を築くことは、自分の幸福への扉を開く鍵となります。

悪縁を見極める方法としては、その人と過ごした後の、自分の心身の状態を観察することが有効です。もしも、その人と会った後に、蕁麻疹などのストレスのサインや、気分が落ち込む場合は、その関係性を見直す必要があるかもしれません。

また、相手が自分を利用しようとしたり、依存したり、マウントを取るような行動をとる場合も、悪縁の兆候と捉えることができます。これらの関係は、自分を責めるような状況を生み出すことが多く、自尊心を損なう可能性があります。悪縁の人は、巧みに「あなたが悪い」と、植え付けてくるので注意が必要です。

一方で、お互いに敬意を払い、対等に付き合える関係は、良縁と言えます。

そうした関係は、お互いの成長を促し、支え合うことができるため、人生において大きな価値を得ます。独りでいることに対する、社会的なプレッシャーに屈することなく、自分にとって、本当に価値のある人間関係を選ぶことが、長期的な幸福につながります。

「独りぼっちは寂しい」などと言って、誰かとつながろうとすると、同じく「独りぼっちは寂しい」という人につながりやすくなります。

まずは、「一人ぼっちは悪くない」と思うことから始め、独りでいる時間を大切にし、自分自身と向き合うことで、何が自分にとって最善かを見極めることが大切です。

自分が大切にしたいと思う価値観や、人生で達成したいことを理解することで、同じような価値観を持つ人々と自然と繋がることができます。

最終的には、自分にとっての、良縁を見つけることが目標です。それは、相手との関係がお互いにとってプラスになるものであり、協力し合い、尊重し合えるものでなければなりませんよね。

自分の価値観や、目標に合致する人々との関係を築くことで、人生はより豊かで、意味のあるものになるでしょう。悪縁から距離を置くことは、自分自身を守り、自分の幸福を優先するための重要な一手です。

こういう時は離れてみて

愛されるには

タイトルとURLをコピーしました